2020年12月14日

警察から捜査協力要請されました

先日 といっても2ヶ月ほど前ですがウチがサポートしている企業さんでメールサーバーが乗っ取られてその企業名でバンバンウイルスメールを出されたことが有りました。
メールが送信された先の方から連絡があり、サーバー業者からも「異常な数のメールが発信されているのでパスワードを変更しました。」との連絡があり 私共も協力し対処しました。
メールサーバーはホームページを預けている業者のサーバーであったので乗っ取りに使われたと思われるパソコンの運用停止、全メールのパスワード変更、乗っ取られたメールの廃止、サーバーパスワードの変更を行ないまhした。
なんとかそれで解決はしたようです。

とりあえずの対処が終わってから「被害にあったことを一応警察に届けといたほうが良いのでは」ということで連絡したところサイバー犯罪対策課から調査に来られて乗っ取られたパソコンのHDDをコピーして渡しておきました。
その報告と御礼ということでわざわざ私共に来ていただきました。
その中で「ハードウェアに強い人間はほとんどいないので、今後何かあれば協力してほしい」という依頼を受けました。
もちろんお断りする理由もないので「何かあればご連絡ください。」とお答えしておきました。

カプコンの件といい サーバー犯罪も巧妙になっており一般の企業でも狙われることがよくわかりました。

「うちなんか狙われるはずがない」、「狙ったところで失うものはなんにも無い」と思っていませんか?
企業や団体の場合 狙われると自社の情報のみならず 取引先に多大な迷惑をかけ 一つ間違うとそことの取引すらなくなってしまう可能性があります。

企業さんは今一度自社のパソコンの運用状況をきちんと見直したほうが良いです。
また Windows7をまだ使っている場合 できるだけ早くWindows10に切り替えましょう。
問題を起こすと自社の信用に関わります。
IMG_6033.JPG
posted by den-now at 15:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: